Siofor:使用方法、価格、レビュー、タブレットのアナログ

Siofor錠は、2型糖尿病の現代医学によく使用されます。

Sioforとの組み合わせでは、それはLosartanとThioctacidを服用することをお勧めします。タンパク尿がある場合、ロサルタンは腎臓の保護に役立ちますさらに、ロサルタンは脳卒中や心臓発作のリスクを軽減します。糖尿病2型のチオクタク酸は脂質と炭水化物の代謝を調節し、さらに、チオクタク酸には抗酸化作用があります。

今日までに、世界の慣例は、2型糖尿病に対して以下のグループの薬物を使用しました:

  1. スルホニル尿素の誘導体である薬。彼らの主な利点は、大多数の患者が薬を簡単に許容することにあります。これは糖尿病の治療に積極的に使用され始めた最初の医薬品です。
  2. ビグアナイドグループの医療用具それらの効果はインスリン分泌の必要性を減らすことを目的としています。
  3. チアゾリジノールの誘導体である薬は、血糖値を下げ、脂質プロファイルの正常化に良い効果をもたらします。
  4. インクレキナ

さらに、現在開発されている治療コースは、糖尿病患者用の2種類以上の薬物の使用を目的としています。

医療機器の使用は、医療専門家の綿密な監督のもとで行われなければなりません。この場合、自己治療は固く禁じられています。

基本的な薬理学的性質

ビグアナイド系薬の中で最も人気のある薬の一つはSiofor(写真)で、これは錠剤の形で入手できます。活性物質の投与量は様々であり得、そして市場では以下のように入手可能である。

  • Siofor 500には500ミリグラムの有効成分が含まれています(必要ならば、用量を250 mgに減らしてください、あなたは半分のタブレットを使うことができます)。
  • siofor 850;
  • siofor 100

医薬品の主な有効成分は、塩酸メトロホルミン、二酸化ケイ素、ポビドン、ステアリン酸マグネシウム、マクロゴールです。

糖尿病におけるDiophoreは血糖値を下げるために使われます。同時に、指標の減少はメインの食事の後だけでなく、基本的なレベルを下げることを可能にします。

Sioforの主な有効成分は、体に良い効果をもたらし、低血糖の発症を引き起こさない膵臓によるインスリン産生を調節することを可能にします。さらに、プラス効果の数が含まれます:

  1. 高インスリン症の中和
  2. 減量を促進します。
  3. 心血管系の疾患を発症するリスクを減らす。
  4. 体内での脂質代謝に対するプラスの効果
  5. 悪玉コレステロールの上昇を減らします。
  6. トリグリセリドレベルを下げます。

2番目の段落は、この薬が体重の正常化に寄与していると述べています。それは空腹感を抑制し、そしてそれ故、あなたが体重を減らしそしてより細くなることを可能にすると信じられている。実際、糖尿病の発症におけるシオフォアは、場合によっては体重を減らすのに役立ちますが、食事療法とアクティブなライフスタイルだけが患者の主な方向性であるべきです。

医療用具Siofor - 使用法の適応 - 2型糖尿病の場合に体内のブドウ糖のレベルを下げ、治療にインスリン療法がない場合。 Sioforの作用は食事療法の効果がない場合にもよく現れます。体内で糖尿病の2番目のタイプの開発では、Sioforは最も効果的な医薬品の一つです。

シオフォア組成物に含まれる有効成分は、小腸におけるグルコースの吸収を遅らせることにそれ自身を現し、肝細胞によるその生成を中和する。

薬の使用説明書

糖尿病からのSioforの使用は主治医によって処方されます。この薬は薬の処方箋がある場合にのみ薬局から放出されることに注意すべきです。

シオフォアは、糖尿病の一般的な臨床像および患者の個々の特徴からくる投与量で糖尿病に対して処方されています。あなたが用量を選ぶときにあなたが注意を払うべきであるという主な指標は血中のブドウ糖のレベルです。

この薬の使用説明書には、錠剤は大量の水と一緒に経口投与することを意図していると記載されています。この場合、投与量は以下の通りであり得る。

  • 500 mgの有効成分を含む錠剤の場合 - 最初に1錠を1日1回投与します。徐々に、タブレットの数は3つ以上に増やすことができます(ただし1日に6つ以下の丸薬)。一回の服用量が500mgの有効成分、すなわち1錠のタブレットを超えることができないことを心に留めておくべきです。入院期間は、医療専門家によってのみ指定されるべきです。さらに、医師の許可なしに独自に投与量を増やすことは禁止されています。
  • 850 mgの有効成分を含む錠剤の場合、薬物は単一の錠剤から始まり、必要に応じて徐々に増加します。最大一日量は3錠です。
  • Siofor 100は徐々に増加しながら1錠を服用し始めました。医師科学者は薬の服用量を増やすことができますが、1日3錠以内です。この投与量は可能な最大量とみなされます。極端な場合には、Siofor 100はインスリンと併用されます。

特定の状況下で投薬を逃した場合、次の投与量を増やすことによってそれを補う必要はありません。

この薬を服用する際には、乳酸アシドーシスを発症するリスクが高いため、通常の代謝過程と健康状態を考慮に入れる必要があります。

多嚢胞性卵巣の発生におけるSiofor 100の使用は、医師に相談した後にのみ可能です。

禁忌は何ですか?

siofor 100は患者の健康に良い影響を与え、血中のブドウ糖レベルを調整するのを助けますが、その使用には多くの禁忌があります。

医療行為により、この薬の服用が禁止されている以下の要因が確認されています。

  • 1型糖尿病
  • 体がそれ自身でインシュリンを生産するのをやめ、そして人がこのホルモンを注射する必要性に依存するようになるならば。
  • ケトアシドーシス、糖尿病、昏睡、または祖先型糖尿病型などの病気の発症。
  • 重大な肝臓病または腎臓病。
  • 気管支炎
  • 心血管系の疾患、心不全または心筋梗塞。
  • 肺で起こる病理学的プロセス、呼吸困難。
  • 感染症の発現
  • 最近の手術と怪我。
  • 乳酸アシドーシス
  • 薬物の1つ以上の成分に対する不耐性または過敏性。
  • 脱水症がある場合
  • アルコール依存症。

さらに、ヨウ素を含む造影剤を使用した診断検査(ラジオグラフィまたはラジオアイソトロピック診断)の直前にこのツールを使用しないでください。処置の2日前とその後の2日以内に薬の使用を中止してください。

妊娠中の女の子は、胎児の正常な発育や生活に害を与えないために薬を服用することはできません。さらに、薬は赤ちゃんの母乳育児中は禁止されています。 14歳未満の子供はこの薬を使用してはいけないと考えられています。

糖尿病に罹患していない子供および健康な人々は、最小用量でまたは予防のために(例えば、体重を減らす目的で)この薬物を服用することはできない。

それは薬が低カロリーの食事療法(一日あたり1000キロカロリー未満)と組み合わせた場合に重大な違反が発生する可能性があることに留意すべきです。

副作用と起こりうる悪影響

薬Siofor、ならびに医師および患者のレビューはこれが糖尿病の治療に使用される非常に効果的な薬の一つであることを示しています。

このツールの受け取りと投与量の選択は非常に慎重に行われるべきであることに注意すべきです。薬は良い結果をもたらすという事実にもかかわらず、その使用への禁忌の膨大なリストがあります。

さらに、投与量が適切に選択されていないか、医師の推奨に従っていない場合、次のような副作用が生じる可能性があります。

  • 消化管に問題があり、鼓腸、腹痛、下痢を伴うことがあります。
  • 吐き気と嘔吐。
  • 特定のグループのビタミンが不足している。
  • 薬物の1つまたは複数の成分に対するアレルギー反応の出現。
  • 乳酸アシドーシスの発症。
  • 巨赤芽球性貧血

薬の最も一般的な副作用の一つは乳酸アシドーシスです。この状態は、眠気の増加、筋肉痛、体温と血圧の低下、呼吸困難などの症状を伴います。

原則として、薬の使用は1年以上発生します。したがって、それを服用する前に、ならびに半年ごと(例えば、冬 - 夏)に肝臓および腎臓の正常な機能に関する研究を受けること。

予防策として、ロサルタンとチオクタク酸の錠剤の使用が許可されています。薬ロザルタンとチオクタク酸の予防的投与の問題は主治医によってのみ決定されるべきです。

他の薬との相性

最も深刻な悪影響の1つは、Siophoreタブレットとアルコール飲料の「相溶性」です。これら二つの成分の使用は、乳酸アシドーシスの発症につながる可能性があります。

薬と他の薬との相互作用は次の点で成り立っています:

  1. 薬は間接抗凝固薬の効果の減少をもたらすかもしれません。
  2. あなたが経口避妊薬、エピネフリン、グルカゴンまたは甲状腺剤のためのホルモン剤と一緒に薬を服用すると、血糖降下作用の減少があるかもしれません。

さらに、それがインスリン、スルホニル尿素誘導体、非ステロイド性抗炎症薬またはクロフィブラート誘導体と組み合わされるならば、薬物の血糖降下作用の増強を達成することができる。

医療機器のアナログはありますか?

今日までに、この薬の多くの類似体があります。 Sioforはいくらですか?薬局でのSioforの価格は、錠剤の製造元によって異なりますが、1パックあたり約250〜350ルーブルです。

さらに、Sioforでは、薬局での価格はそれより高くても低くてもよく、これは国の地域によって異なります。低コストまたは高コストのカウンターパートがあります。

市場に出回っている主な薬 - 有効成分がメトホルミンのアナログ:

  1. グルコファージは血糖降下作用を持つ錠剤です。有効成分の500、850および1000 mgの適量で利用できる。平均価格は200ルーブルまでです。
  2. バゴメットは、メトホルミンとグリベンクラミドという2つの有効成分を含む薬です。この組み合わせは、2型インスリン依存性糖尿病の治療に使用されます。薬の平均価格は210ルーブルです。
  3. ランジェリン
  4. Siofor類似体m Novaが出会った。

最適な薬を選択するとき、医師だけがその患者にとって何が最善かを知ることができ、必要な類似物を見つけることができます。現代の薬理学が最も広い選択の薬を提供するので、今日から選ぶべきたくさんがあります。この記事のビデオでは、糖尿病患者向けのいくつかの薬の選択肢を紹介します。